幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

シングルタスクの利点は集中度や出来上がりが濃いものなることです

f:id:minticecream:20190930234538j:plain


おはようございます。結城シキです。


「シングルタスク」という言葉を聞いたことありませんか?
簡単に言えば、一つのことに重点おくということになります。


今回はそんな「シングルタスクのメリット」を書き綴っていきます。



シングルタスクの利点は集中度や出来上がりが濃いものなることです


一つに集中することは素晴らしいものであり、出来上がりなどの完成度にも影響をもたらします。
勉強を使って例えますね。


勉強をしならが音楽を聴けば、そちらの方に耳が傾いてしまい
まともな集中ができないといったようなものが挙げられますね。





シングルタスクの簡単なメリットを書き綴ります


シングルタスクには、集中度や出来上がり
中途半端に物事が簡潔せず、自分なりの理想を実現できるようになるのも


シングルタスクの良いところの一つなのですね。
それ以外にも、効率においても良い面があります。


複数やらなければいけないときに、何を捨て何をしなければいけないのか?
これを少なからず考えてから行動に移すことが可能になるわけです。


シングルタスクをするうえでは欠かせないことでもありますね。





マルチと対照的なものですが、出来上がりは素晴らしいものです

f:id:minticecream:20190930234602j:plain


結果が注目される世の中では、シングルタスクの方が出来上がりは良いものが多くなります。
対照的なマルチの方が効率面でも上を取ることが多いと思うかもしれませんが


目移り度や細かな部分を見逃してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。
シングルタスクの場合は、多少なりともあるかもしれませんが、マルチよりもそういった問題を解消することが可能になります。


最終的な出来栄えは、シングルタスクの方が力の入れ具合や細かなところ含め
一つの作品といったような仕上がりになる可能性が非常に高いのですね。


だからこそ、シングルタスクは素晴らしいと言えるのですね。





いらない考えをせず、一つに集中できるからこそシングルは素晴らしい


一つに集中するには、相当な力がいります。
マルチタスクの方が何かとできる人!と思うかもしれません。


しかし、シングルタスクでは、その集中という点でおいては群を抜くレベルになっています。
ゲームで例えてしまうのですが、複数のゲームを同時にしていても効率を伸ばすのは困難なことが多いのですね。


これが一つの作品にのめりこむようになると、知識も増えていき、やがては効率
こちらを踏まえてゲームをするようになれるのですね。





シングルタスクの利点は集中度や出来上がりが濃いものなることですのまとめ

f:id:minticecream:20190930234538j:plain


シングルタスクはマルチタスクと比べると、非効率的?と思われるかもしれません。
しかし、シングルにはシングルの良さがあり、マルチにはマルチの良さがあります。


当然どちらが良い!とは言い切れません。
ただ、マルチタスクを考えている人は一旦ストップした方がよいかもしれません。


人のキャパシティは思う以上にすぐ超えてしまいます。
マルチタスクですと、このキャパシティと目を向けていかなければいけません。


だからこそ、まずはシングルタスクで行動するというのが鉄則でもあります。
効率や慣れていった先にマルチタスクを使っていくのがよいかもしれません。


もしやりたい!と思うのならば、一度試すのは良いのすが
返ってシングルの方が楽であり、効率的なのではないのか?と思える場面が多く出てくることでしょう。


混乱する要素の方が強くでてきます。
そうならないためにもまずはシングルタスクからです。


今回は以上です。
ありがとうございました。