幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

情報過多時代のストレス解消法は「自分のだけ見る」これだけ!

f:id:minticecream:20190916193949j:plain


おはようございます。結城シキです。


誰しもが何でも情報を得れる時代に突入しました。
これは良いことでもありますが、かえって悪いことになる場合もあります。


今回はこの悪いことのお話で「情報過多ストレスの解消法」について簡単に書き綴っていきます。



情報過多時代のストレス解消法は「自分のだけ見る」これだけ!


簡単にまとめてしまえば「自分に関係するものだけを中心に見る」
これだけをすれば、非常に楽になります。


情報過多になるということは、異常なほどのインプットがなされるということ
その中には、自分にまったく関係しないと思われるようなことまでも含まれる可能性があります。


慣れていないうちにそんなことになってしまえば、良いものまでも自分に使うことができなくなるのですね。
そうならないためにも、自分に関係するものだけを中心に見る。


これをするのです。





脳は思う以上に簡単な作りをしていない


すぐさま言えることとしては、脳ですね。
情報をたくさん吸収すればその分、考えることが多くなります。


考えることは良いことです。自身の成長にも繋がります。
しかし、この考えることは悪いことでもあるのですね。


ネガティブなどの負の思考ですね。
ある程度の知識やインプット過多になってしまうと、ネガティブ思考がやってくる


このような可能性があります。
世の中は負の感情をメインにするような情報が多いです。


そのため、未来に希望がなくなるようなお話がたくさん入ってきます。
これらを踏まえて言うと、情報過多ストレスになるのですね。


脳は思っている以上に簡単であり、簡単ではないのです。
周りが大きく考えていることも、楽に考えているときもありますし


その逆もあるのですね。非常によくわからないが一つの答えです。





情報を得ることに力をいれすぎる悪いので捨てましょう

f:id:minticecream:20190916194006j:plain


情報を得る行動自体は素晴らしいと思います。
人の知らないようなことまでもいくつも知っている。


それだけでも優位に立てるのですね。
しかし、得ることだけに力を入れすぎていては意味がないのですね。


その得ることに関しての悪い例が下記になります。


・大量のメルマガに登録
・ニュースサイトの過剰閲覧
・SNSなどの異常な執着
・無意味な教材に費やす
・よくわからないサロンに通う


こういったことなのですね。
ここで言いたいことは「過剰」ということです。


やっても構わないのです。自分でさばけるのならばやった方が良いと思います。
しかし、大半は登録しただけや見てもすぐに忘れてしまう。


いざとなったときに使うことができないなどのことが発生してしまいます。
そうなれば時間の無駄にすぎません。


自分への投資が少し過剰すぎるな。と思ったらすぐさま切り捨てる努力をしましょう。





自分に関係する情報だけ見るのがいかに素晴らしいことか?


まず下記に自分に関係することを良いとする例を書きます。


・いらない情報を含まない
・現在置かれている状況を見れる
・気分に落ち着きがやってくる
・孤独が薄まる
・新しい視点から自分を見れる


世の中自分に関係しないいらない情報というものが結構多いです。
ゲームをしない人に、ゲームの知識を教えてもほぼ意味がないのと一緒なのですね。


現在置かれている状況、今自分が何をすればいいのか?というのがわかってくるはずです。
悩みならば、悩みを解決する方法を探すといったことが挙げられます。


自分だけの情報を得ようものならば、落ち着きます。
視野をいきなり広げてしまうデメリットでもあるのですが、いきなり大きな芝生を見ても何も発見できないのですし


広すぎるがゆえに、困り果ててしまうのですね。
そうならないためにも、まずは自分自身に関係する情報だけをインプットするようにすればいいのですね。





情報過多になりそうな時の対策について


大体SNSの見過ぎというのも挙げられます。
そんなに見て意味がありますか?時間の設定をしませんか?


こういったことですね。
1時間に何回も開いているという状態の時にそれ意味がありますか?ということですね。


2~3時間に一回でシングルタスクで行えばよろしいのではないのかな?
このように変換することが可能ですね。毎回同じところに居続けても何も変化が起きません。


だとするのならば、一気に変化が起こっているだろうというときに見に来るのが良いことでしょう。
逆に心配性になってしまうのですね。依存や中毒とも言われるかもしれませんね。


そうならないためにもというのも理由だったりします。


ここではSNSを挙げましたが、それ以外にも言えることです。
まずは、過多である部分を見つけて必要なものかそうでないものか?を見極めていきましょう。


そうするだけで相当スッキリしますよ。





情報過多時代のストレス解消法は「自分のだけ見る」これだけ!のまとめ

f:id:minticecream:20190916193949j:plain


これからよりいっそう情報がありふれていく時代になっていきます。
情報過多になれば、いくら良い情報であっても無駄になってしまいかねません。


そうなってしまえば本末転倒ですね。
だとするのならば、見ないほうが良いです。記憶なんてできません。


自分に関係あるものや自分が知りたいことだけに力を注ぎ、情報を得ていきましょう。
そうするだけで、変化がおのずとやってきますからね。


今回は以上です。
ありがとうございました。