幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

頑張らず無理をしないを時には持つのも幸せの秘訣だと思います【自分を守れ】

f:id:minticecream:20190910131209j:plain


おはようございます。結城シキです。


人は頑張りすぎている。ということを常々思うところがあります。
必死に仕事にいき何のために働いているのか?


その先に本当に自分の思い描く理想の世界があるのだろうか?
こういったことが挙げられます。


今回はそんな無理をしている人たちに送ることでもあります。
「頑張らず無理をしないと考えるのも良いこと」について書き綴っていきます。



頑張らず無理をしないを時には持つのも幸せの秘訣だと思います


一つの考えですね。
頑張りを無理に続けていけばおのずと体から悲鳴があがります。


時には見える怪我になったり、ひどいときは一生付きまとう精神的なものになったりと
その弊害はさまざまなことで起こります。


そもそも頑張ってしまうということは、何かしら目的がある他ありません。
しかし、その目的がなんとなくであったり、詳細に語ることがほぼ不可能な場合


非常に無駄であるということに繋がります。
そこに頑張りを強いても、結果としては意味がないとされています。


本来の頑張りは、自身を高めていき、これからに備えるということになるのですね。
しかし現状はそうではなく、怒られるからということでビビりながらの行動が多いです。





本当は他人はあなたにそこまで求めていない


仕事などでは、期待をしているといったような言葉を話す人は多いです。
別にそれが悪いことではないですし、第一に期待されればその分やる気にも繋がります。


ただ、そこに隠されている言葉には「絶対」はないのですね。
ある程度できればそれでよい!これが本当の信頼関係というものではないのでしょうか?


現実は非常であり、ある程度ではなく「確実なる成功」というのを表に出しすぎている状態です。
そのような環境では、みながぴりぴりしているのは、当然の結果と言えることです。


一番の問題は、役職が付いている人たちが「みなそろって忙しすぎる」ということです。
この中でもばらつきはあるのですが、実際何もせず居座っているだけもいます。


しかし、世の中はそこまで必死になってやることは趣味や特別な仕事以外にないはずです。
現に日本では生産性が頑張りに対して低すぎる結果がでています。


これは別の意味での問題ですね。
こんなにも頑張り、こんなにも無理をしているのに結果としては悪いになっているのです。


同時にどこかで言葉や思考が欠如しているのがあるのですね。
他人はそこまであなたに期待はしてないのが本音です。


これがどこかで変化し、無理強いをさせるのが今なのですね。





1日の目標などを決めていくという流れが良い

f:id:minticecream:20190910131227j:plain


ここでお話を切り替えていきます。
頑張りを無理にしている人に送ることでもあります。


一日の目標を決めていくのをオススメします。
それは自分なりに決めていくのが良いことです。


無理であるのならば、切り捨てることもやってください。
明日に回せるのならば、明日にやりましょう。


長期的にできるようなものは、明後日などのまだ未定の領域で考えず
こういうのがある。とだけで考えていきましょう。


1日をより楽にしていくということをまず先決に考えるのが大事です。
無理に詰め込み過ぎるというのが現状です。


まずは、1日をどれだけ回し自分に余裕を付けれるのか?
これを基本として動いていくのが大切です。





楽であることに自分自身を慣れさせる


やらなければ楽であることは、それはただの間抜けです。
ここで書くのは、今までの古い頑張りを捨てるということですね。


これからは楽である方向に時代が変化していきます。
当然「効率重視」が基礎となっていきます。


そうなるとどうなるのか?
簡単なお話です。単純に、仕事が楽になっていくのです。


そうなると、今までの「人間のぬくもり」や「苦労してやる」
このようなことがなくなっていきます。


特に日本人に多いのですが、仕事がなくなれば怖いと考える人がいます。
しかし、それは僕からしたら間違いだと思っております。


これから楽である時代にいくのに、なぜいつまでも余裕が生まれない状態を続けるのか?
なぜいつまでも頑張ることをしなければいけないのか?


ニュースなど見れば、おのずとこういう考えに至るはずだとは思うのですが
そうでない人が多いです。単純に視野が狭いというのがあるのですね。


余裕がなく、要領も悪く、固定概念が強すぎる。
こうであれば、頑張らず無理をしない!と言う考えも一生わからないままです。


いつかは楽が来るを考え、今に余裕を持てるように考え
楽であることに慣れていくことができれば、それだけで十分だと思います。





頑張らず無理をしないを時には持つのも幸せの秘訣だと思いますのまとめ

f:id:minticecream:20190910131209j:plain


無理をせず、楽である考えを持ち慣れていくのがこれからの人間の課題なのかもしれません。
少なからず僕はそう考えております。


やはり頑張りを無理にしても、結果意味がないです。
自分自身の体を壊すことになります。


今の頑張りの先に何があるのかをよく考えて行動するのが良いことです。


以上です。ありがとうございました。