幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【十人十色】自分と他人を切り離して考えれるようになると強くなれます

f:id:minticecream:20190807162916j:plain


おはようございます。結城シキです。


誰しもが小さいころから人は人、自分は自分と言われてきたかと思われます。
実際問題それは非常に良い考えであり、同じ人はいないといったことから、成長の具合、持つスキルなんかも色々な視点から見れるようになるわけです。


今回はそんな「自分と他人は切り離して考えるべき」ということを書き綴っていきます。



自分と他人を切り離して考えれるようになると強くなれます

f:id:minticecream:20190807162953j:plain


年齢を重ねれば、おのずと自分と他人の区別がつかなくなっていくようになります。
これは、比較をしすぎてしまうことが挙げられますね。


非常にそれは悪い考えであり、比較をするということはすなわち、自分自身にそこまで自信を持てるようになれなくなる。
このように変わっていきます。そのため、下手すれば自暴自棄になったり、自分を高めることもしなくなるわけです。


今はTwitterやインスタグラムなんかで炎上などが多発している「自己顕示欲」なるもの
実はこれがあるとないとでは、その人の努力の差にも響いてくるのだと僕自身は考えております。


欲がなければ、進みもしません。進まなければ退化するのみです。
したがって、欲のある人は強い!ということに繋がるのですね。


成長をする。これを人は大切にするべきことですし、何より他の生物よりも優れているところが多いです。
だからこそ、人と比較し、無駄な挫折を味わうようになるのですね。


これが非常にもったいないことなのです。
何かを目指し、そこには目標や壁というものがあります。それらを超えるために誰かと比較をしなければいけない。


こういったことならば、逆にするべきことです。しかし、大半はそういったことをせず、勝手に比較し勝手に挫折や絶望をするのです。
自分には何が得意なのか?を明確にするとより、その道にいる人と比べては、才能がないと悲観するようになるのです。


生まれた頃に言われたであろう、自分は自分であり、人は人である考えを貫かなければ、一生そういった無駄な悩みに囚われてしまいますよ。





世界は個性ある人を求め続けています

f:id:minticecream:20190807163017j:plain


学生時代ですと、個性は強く表に出すべきことだといわれていましたが、社会に出ればその個性もつぶされてしまいます。
結果として、同じような人が作られるようになるのです。


そうなれば、別にそこにいる意味もなく、なぜそこにいるのか?を逆に問うべきなのかもしれません。
答えがでればよいのですが、でなければ本当に意味のない時間に切り替わります。


成長することが人ですので、いつまでも長く無駄にいても仕方ないのですね。
何か自分のものになれることがあるのならば、話は別です。


そこにいれば新しい力が手に入る。知識や技術が手に入る。
こうなればその人の成長に大いに貢献することになるでしょう。


同時に世界は個性ある人を求めています。
どんなにできなかろうが、個性ある人を求めています。


それはその人がそこにいる証明でもありますし、何より個性あるということはその人の強みでもあります。
これは他人にはないものですし、自分自身に備わっているものです。


切り離して考えるべきことであり、一緒なんていうことは決してないのですね。
だからこそ大切なものであり、考えるべきことなのです。





自分と他人を切り離して考えれるようになると強くなれますのまとめ

f:id:minticecream:20190807162916j:plain


他人は他人、自分は自分を考え貫かなければ、一生悩み続けます。
世界人口は約70億人とされているため、悩んでも切りがないわけなのです。


したがって、この考え方を持つことが何より大事なことであるのです。
同時に自分自身と向き合う時間を割くこともできますし、その中で個性というものも確立することも可能になることでしょう。


これは唯一無二のことなのです。決して他人が触れれることではないのですね。
そうなれば、おのずと切り離して考えるべきと思えるようになります。


逆にそうでなければ、変な悩みに時間を割くようになります。
自分だけのことを考える時間を作っていきたくありませんか?


他人を考えるのなんていうのは、必要なところは本当に少ないと思っております。
人生なんて、出会いと別れが多くあるため、多少なりとも覚えることはあっても、事細かく覚えることは意味をなさないことが多いです。


僕も人と比べ、自信をなくしていたころが多くありました。
勉強もそうですし、社会にでてから多くを学びました。


世界には思いもよらない能力を持つ人が多すぎる。
同時に自分のことも何一つ知らないということを知ることもできましたよ。


時間は無限にあるわけではないのです。
他人を考え、何も変わらない世界にいるのは、すごくもったいないことです。


以上です。ありがとうございました。