幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【思考の停止】良い面が多いとされる慣れは本当は怖いものなのです

f:id:minticecream:20190725194953j:plain


おはようございます。結城シキです。
「慣れ」について、みなさんはどれくらい考えたことありますか?


主に良いこととして伝えられる言葉や行動なのですが、実際その裏には非常に厄介なことでもあるのです。
今回はそんな「慣れによる恐ろしいこと」について書き綴っていきます。







良い面が多いとされる慣れは本当は怖いものなのです

f:id:minticecream:20190517182610j:plain


良い面が多いとされる「慣れ」なのですが、実際はものすごく怖いものだとご存知でしょうか?
考えたことがないとは思うのですが、簡単に考えるだけでも慣れることは、そのものだけしかできなくなる恐れがあるのです。


新しいことをそもそも受け付けなくなるのですね。
慣れというのは、自分に沿ったものである場合と全員が均一になるために適応されるルールのようなものでもあるのです。


そのため、悪いことも多々あるのです。
実際問題良い面は、考えられるだけでも相当多いでしょうし、誰もが想像できます。


その逆である悪い面としては・・・


・新しいことを簡単に受け入れられない
・協調性が保てない
・体や思考が固まってしまう
・一度慣れを外すと体調の変化が起こる
・疑問を疑問として考えなくなる


以上のことが挙げられます。似たようなものがあります!と思われるかもしれないので、少し付け足ししておきますね。
体や思考が固まってしまう。ようは、ソウナンダになります。これがここでのルールだからと例外が受け付けなくなるのです。


疑問と言うのに関しては、麻痺ですね。慣れてしまえば、疑問というものも疑問ではなくなるのです。


慣れというものは、単純なものであればこのようになります。ただし日々思考しているようなものであれば、逆に慣れた方が良いのです。
それはのちに自分を助けるものへとなります。同時に、臨機応変が使えるようになるのです。


minticecream.hatenablog.com










変化にすぐさま順応ができない

f:id:minticecream:20190506185527j:plain


慣れてしまうということは、すぐさま新しいことが入っても対応ができません。
なぜなら、単純化されたり、周りが同じような結果がだせるようになるために、均一ルールが設けられているからです。


そのため、それを慣れてしまえ!ということになり、突然やってくる新しいことに対して適応ができなくなるのです。
これはその人だけではなく、周りもそのようになりますね。


上はがみがみ対応しろ!と話しますが、無理なものは無理なのですね。
慣れというのは、そういったことに対して非常にムリゲーになってしまう恐れがあります。










体や思考が変に固まってしまう

f:id:minticecream:20190430161959j:plain


思考が停止します。慣れてしまえば、考えることがなくなるのですから。
体もそういったことに慣れてしまい、イレギュラーなことにすぐさま対応ができなくなってしまいます。


これらがあるため、毎日何か思考を付けるために、効率化を考えなければいけないのですね。
小さなミスをすると困るということを言う人が少なからずいますが、それは逆にいってしまえば、まだ慣れてなく


新しいことを入れることができるようになるのです。
彼らから見れば、同じものでしかないのですから。










孤立してしまうことが起こる

f:id:minticecream:20190630164631j:plain


場所が変わったときに起こることですね。
一度慣れてしまえば、なかなか外すことができません。


そのため、俺は今までこうだったとして頑固になるのです。
これを貫いてしまうと、孤立化してしまうのです。


同時に慣れということは、上下ありますが、能力の差もついてしまいます。
慣れても早い人や遅い人がいるのです。これも同じように、周りが早ければ遅い人が孤立化し


早ければその人が孤立化してしまいます。慣れになれば、その分こういったことがあげられてしまうのです。










良い面が多いとされる慣れは本当は怖いものなのですのまとめ

f:id:minticecream:20190708150107j:plain


世の中にはさまざまな怖いことがありますが、その中でも慣れに関しては、良い面もありつつ
それ自体が怖いと考えれるものもあります。


そのため、非常に難しくなるわけです。
何事も慣れることはよいことではありますが、それは次のときに向けてどういった行動が阻害になるのか?


よく考えて実行することをオススメします。
もしみな違う、自分はなぜか少し浮いている感じたする。


これが行動になっていると、どこかで慣れが起こっているのがその時に発生している
その可能性が少なからず存在します。


別に治すほどのことでもないのかと思われますよ。


以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com