幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【諦めが肝心】相手を理解しようとするのはやめた方が良いことです

f:id:minticecream:20190711162220j:plain


おはようございます。結城シキです。
人間関係やコミュニケーションは相手の話すことに関して耳を傾けなければいけないのが世の中です。


しかし、相手がどのように話していようが、ぞれが実際に真実かはわかりませんし、必要ならば自分の目で確かめる
この行動が必要になります。同時に、相手への理解や知ることを少なからずしなければいけないのです。


今回はそんな「相手への理解」について書き綴っていきます。








相手を理解しようとするのはやめた方が良いことです


大前提として、まずは「相手を理解すること」これは非常に無意味であります。
相手がどのような考えを持ち、どのような行動をしようとするのか?これは自分自身でも言葉に表すことが非常に難しいものです。


語彙力がない、表現力がないといったことを挙げてしまうかもしれないのですが、実際自分の感情を表にだすのが困難なのですね。
日本語で「辛いの度合いの言葉はない」これが例として挙げられます。


辛さが好きな人は多くいますし、日本では辛い&辛いのパレードがここ最近ありますね。
そんな辛さをこよなく愛するのですが、実際辛さの度合いを表す言葉が生まれてないのですね。


辛さレベル1と辛さレベル2での違いはどのくらいなのかが想像もつかないのです。
表現というものは非常に難しく、それを相手に知らせる、理解させるのなんていうのはもっと難しいのです。


これを相手を理解しようとしているのが自分だとするのならば、この書かれていることを相手が理解しなければ、不可能です。
実際教え方が非常に下手な人でも自分はうまいと考えているのが世の中多いのがリアルの話なのです。


そうなると、そもそも理解することを諦めた方が何かと良いのですね。


minticecream.hatenablog.com





相手のことを自分のように考え込んでしまう


相手のことを理解しようとしているとおのずと、相手に感情移入がされるようになります。
病院では「うんうん」「そうですね」「つらかったですね」などの軽い感じで返答されるのが、感情移入をしないためにある程度の壁を設ける


こういったことが理由として聞いたことがあります。真実かはわかりません。
そういったことがでてくるように、相手のことを理解しようとしてしまうとやはり問題が発生します。


自分には関係のないことがあたかも自分に関係あるように思えてしまうのですね。
このようになるとそれこそ自分を追い詰めてしまうのです。


何気ないストレスになってしまうのですね。しかも解決方法は相手が解決しなければ永遠と続くのです。
相手を理解することは同時に、自分をも落ちてしまうことがあるということなのです。


ある程度の距離はとったほうが身のためなのですね。


minticecream.hatenablog.com





人の思考は基本的に混乱ばかりです


人の思考は基本的に混乱しています。
矛盾が多い人いませんか?自分が話していることをちゃんと意味がわかりますか?


正直な話僕からすれば意味がわかっていません。
これはあまりよろしくはないのかもしれないのですが、誰もがあるかと思われます。


発する言葉と実際の考えている言葉がリンクしてなかったり、思考よりも話が先をいってしまい
結果的に俺は何をいっているのか?と自問自答をしてしまったりしませんか?


自分自身でさえも混乱することが多いので、これを人をとなると非常にムリゲーなのです。
理解をしよう理解をしようといくら頑張ろうが、自分を理解できてなければ、そもそも意味がないのですね。


質問をしても、頭にははてなマークが浮かぶだけの人も多いはずです。
理解しようと思っても頭が動かないのですね。つまりは、それくらいに思考は混乱しているです。





情報を用いて相手を判断するのには適している


相手を理解しようとする際に、必ず相手自身の性格やどういった行動をとる人なのか?
これらが少しわかるようになるのです。


相手を理解しようとするのは、こういったことに関してかなりすぐれていると考えています。
そもそも人の情報なんていうのは、インターネットにはないものなのですね。


なので、実際自分から動いていかなければ相手がどのような人なのかがわからないのです。
そのため、コミュニケーションなどを用いて相手を理解し、情報を得ることが大事なのです。


そこから自分がうけた情報を使い、上下を作り出していくのが良いのですね。





相手を理解しようとするのはやめた方が良いことですのまとめ


相手の情報を得る目的ということであるのならば、少しの理解も大切です。
しかし、すべてを理解しようとするのは、かえってムリゲーですし、時間の無駄にもなります。


そのため、一定の線を引くのが大事です。
そもそも自分自身をすべて理解している人がどれくらい存在していますか?ということで、決着がつくと思うのですね。


まあ、僕は0.1%くらいしか、自分のことを理解していないことでしょうし。
同じように考える人も世の中たくさんいるでしょう、もっと理解していると考える人もいることでしょう。


そんな世の中ですので、他人を理解するのは非常に困難ですね。
それでは、以上でございます。


ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com