幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【視野広く】周りを考えることは自分を守ることでもあります

f:id:minticecream:20190626163710j:plain


おはようございます。結城シキです。
周りを考えることしたことありませんか?
やはり自分だけを考えてしまえば罰が当たりますし、色々な問題も起こりえるのです。


今回はそんな「周りを考えることの重要性」について書き綴っていきます。








周りを考えることは自分を守ることでもあります


周りを考えることはとても大事なことです。
自分を守ることもでき、友好な関係を気づくことも可能なのです。


会社や学生時代によく見ると思います。
そういった環境に属していると、いつしか自分までもが周りを見ることができなくなってしまうようになります。


これは一部のことではあるのですが、もちろん例外もありますし、完全にとは言い切れません。
ただ、周りを考えて、後先のことをよく理解し適切な対応ができれば、それだけで良いとされているのです。


それができない人が多いのですね。
いつしかそれは悪いこととなって帰ってくるのです。


周りを考えて行動するということは、それを受けた人が普通ならば、恩も返ってきますし、心豊かになることは必然なのです。


minticecream.hatenablog.com





後先を考えることができない人が多い


後先を考えない人が世の中には非常に多いです。
そもそも戦争自体がそれにあたります。


誰しもが考えれる先のこと。大体破滅なのですね。
勝利しても、何かの拍子で崩壊するため、確実な勝利ということは決してないのです。


仕事や学業では特に共感できることでしょう。
夏休みの宿題を後になってやる苦しみ、誰しもが味わったことだと思います。


仕事でもすべてを後にしてしまったばかりに、問題が大きくなっていた。
最終的には自分では手が付けられない状態に落ちてしまう。


結果として、周りを巻き込むことに繋がる。
後先を考えないことは、こういったことを回避するためにもあるのですね。


周りを考えることにおいて重要であり、人というのは一度こじれてしまえば、そこで終わってしまいます。
どんなに好かない人であっても、必ず利益あるとして接するのです。


自分を守ること、それが何より重要なのですね。





そもそもみながみな自分だけで精一杯


他人に興味がないだとか、周りがそもそも考えれない人
こういった人は、大体自分だけで精一杯です。そもそも、考えれる人の方が少ないのかもしれません。


仕事や協力関係が重要視される学生の行事なんかは、特に注意が必要な場面が多いです。
自分が精一杯であると、それだけで周りに迷惑がかかってしまう。


そもそも自分さえもわからない状態であるため、周りを考える余裕がないのですね。
そんな状態のまま何も成功はしません。


まずは、自分を客観的に見て知ることが大事なのです。
精一杯ならば、何が?どうして?と紙に書き記すのです。


それを見て、どのように改善すればよいのか?を簡単に考えるのです。
地味な一歩でもいいのです。まずは、自分の行動範囲を増やすことが大事なのです。


脳の容量はものすごく多いのですね。
諦めるよりも、まずは行動が大事です。





自分のことだけ考えるのは罰が当たる


自分だけを考えることにおいて、もっとも悲惨なことがあります。
それが、周りが敵になったときです。


仕事場などで、敵しかいない環境は非常に苦しいです。
誰も助けないですし、誰も助けようとはしません。


結果的に悪い噂だけが広まっていくのです。
自分のことだけしか考えないといった行為は、協力関係を無視し、他人が自分に攻撃するようになります。


人は単純であり、めんどくさい生き物です。
そのため、自分からコミュニケーションをしなければ、良い結果は訪れません。


そして、自分勝手な行動は周りからの非難も多くあるのです。
居場所がなくなったときは、すでに遅いのですね。





周りを考えることは自分を守ることでもありますのまとめ


自分だけを考えるのはNGであり、逆に周りだけを考えるのもNGです。
自己犠牲野郎と言われたり、自分勝手なやつと思われたりします。


そういった環境に属してしまうと、自分まで毒されてしまい、同じことが続いていくのです。
攻略法は、視野を広くするといった簡単なことなのですが、これができる人は非常に少ないです。


やはり、年齢を重ねれば重ねるほど視野も狭くなり、判断も鈍くなります。
それでいて、自分のことしか考えられないようになるのです。


これは仕方ないことですし、本人が変えようとしなければ意味がないのです。
周りを考えることは非常に難しいことですが、別に高難易度ということではないのです。


ちょっと周りを見渡すだけでいいのです。それだけで、今までとは全く違った見え方になるのですね。
そこから来る情報量はすさまじいものなので、最初は疲れます。


しかし、慣れていけば、おのずと臨機応変も使えるようになっていくのです。



以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com