幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【三日間は本気】始めの三日を全力でやり結果を見定めるのが良いです

f:id:minticecream:20190624140635j:plain


おはようございます。結城シキです。
物事の始まりは誰しもが不安を抱いてしまいます。
そして、何より最大の敵は「やる気」になりますね。


これがあるとないとでは、継続の力に差がでてきてしまいます。
今回は「物事の始まりは何事も三日だけ全力ですべき」ということについてお話していきます。








始めの三日を全力でやり結果を見定めるのが良いです


何か新しいことを始めた際に確実に三日だけ全力でやってみてください。
これがなぜ?と疑問に思う方が多いかと思われます。


理由は簡単であり、三日であれば自身のある程度の結果がわかるのです。
ゲームを例えに出すのですが、三日間三時間ほどやり進めていくと二つの感情のどちらかがやってくるはずです。


・非常に自分に合うものである
・非常に自分に合わないものである


どちらかの選択ができるのですね。
それを使い、合うものであればそのまま続け、合わなければやめるか、時間を置くということをすればよいのです。


いくら楽しいゲームと言えど、嫌々やるのは正直オススメできないのですね。
逆にそのゲームの種類に対して無駄にストレスがたまっていくのです。


ここではゲームを例えにだしたのですが、そこを変えて考えてみてください。
きっと同じように思えるはずです。


minticecream.hatenablog.com





全力でやるからこそ三日で結果がわかるようになる


何事も全力で手を抜かずにやらなければ、結果は思うように答えてくれません。
例え失敗や間違いであろうが、すぐにはやってこないのです。


全力でやったからこそ見えてくるものなのです。
作業効率に関しても、三日全力でやりさえすれば、やり方がおかしいと感じるようになることでしょう。


全体を見て、最終的にこの分野は自分には合わないし、ただ疲れるだけと考えれるようになるはずです。
思考が停止するようになれば、それは嫌いに変わっていきます。


好きでもないようなもの、興味がないようなもの、これらは考えることを拒否するようになるのであり、返って悪影響がやってきます。
それは力を入れれば入れるほど、見えてくるのですね。





なぜ三日なのか?という素朴な疑問について


大前提に「三日坊主」という言葉があります。これを知っている方は多いと思われますし、そもそも大体の人がこれに当たりもしますので
非常に馴染み深い言葉でもあるかと思われます。


そんな三日坊主なのですが、正直な話そこまでに行きつかない人の方が多いのが事実なのですね。
1日やり、次の日にはすでにやめていたり、諦めています。


僕も同じように三日以内に終わっていることが多いです。これは全力でやらなくても同じような結果が生まれていくのです。
そういったことが多くあるので、逆に三日という制限を付けて結果が見れるのではないのか?そう考えているのです。


一週間や一か月やってみなさい!とアドバイスしたいのはやまやまなのですが、非常に長く苦しいと最初から期間で決めてしまいます。
そうなれば、三日にしぼり、そこで見ていくのがオススメになります。


1日24時間の制限が付いているのが世界であり、その中で全力で1kmを走ってみてください。
これだけで、いかにして全力がつらいものなのか?結果がすぐに見えてくるのか?がわかってくるはずです。


やってみたことを振り返り、楽しいと感じるのならば、続けるのがいいことですし、毎日無理だと考えるのであれば、それは次の日になっても厳しいままです。
24時間の中で1kmを全力で走ることなんて言うのは、1時間以内か少し超えるくらいです。それだけで、相当つらいと感じれるのですね。


やることは違っていても、全力に対する考えは同じと考えております。
それを三日ですよ。おのずとわかるはずです。


minticecream.hatenablog.com





暇がないからやらないのは間違い


何か物事を始める際に確実に「時間」が必要になります。
なぜか「暇である」ということが大前提になっているはずです。


しかし、それは間違いであり、時間は作りだすものとされています。
無理な残業をやめて、自分の時間に費やした方が何かと勉強にもなりますし、人生が楽しくなることでしょう。


仕事が楽しい!と話すのならば、まだしも、今の日本社会では仕事が楽しい!と感じる人はごくわずかでしょう。
大体だらだらやり、無駄に終わっていきます。そのため、何も残りません。


残せるような人であれば、そもそも残業をしようが、無理やり時間を作りやりたいことはやるはずです。
暇が前提として動くことをするのならば、いつまでたっても部屋の掃除すらままならず1年に1回になってしまうことでしょう。


実際は自分でスケジュールをたて、無理やり作りだすのが理想なのです。





すぐに結果を出したい気持ちはわかる


何かをする際に、確実にすぐに結果をだしたい!とそう思う方は非常に多いです。
実際問題、僕もそのように考えますし、数年前はそれが前提で何回も無駄な挫折をし続けていました。


しかし、比較的結果がすぐにわかるゲームをしていてわかったことがあるのです。


結果が早くでるようなものであればあるほど、敷居は高くなる


やる人が多くなり、ゲームであるので結果は数値として現れます。
その数値はランキングになり、絶望するようになるのです。


たった1日手を離しただけで、数百、数千、下手すれば、数万レベルで追い越されるのです。


結果がすぐにわかりたい!とそう思う人は多いですし、そうでなければ継続できない!と考えるかもしれません。
しかし、それが逆に良いことであり、参加人数、ランキングもすべてが不明な状態の方が精神の楽さ、続けやすさは異常なまでに跳ね上がります。


逆にあってしまい、結果がすぐにわかってしまうと、僕には無理だと簡単に引くようになるのです。





始めの三日を全力でやり結果を見定めるのが良いです


とりあえず、三日全力を出して続けてみましょう。
そうすれば、確実に何かしら結果が見えます。そこで、適切に判断し、続けれそうなら続けて、無理そうと思うのならば捨ててしまうことも考えましょう。


そこから無理に続けることは美徳とはなりません。
嫌々やってもパフォーマンスはあがっていかないのですね。


しかし、1%だけでもできると思うのならば、続けていくのがオススメになります。
今回は三日全力を出してみるなので、それ以降になればまた別の題材になっていきます。


全力でやらない三日は意味を成しません。
毎日変化もなくだらだら続けている1年を3年やるのと1日を濃いものにし、3日にするのとでは大きな違いになります。


以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com