幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【時間は有限】時間が人生で一番大切なことだと理解した方がいいです

f:id:minticecream:20190610160511j:plain


おはようございます。結城シキです。
時間について考えたことはありますか?
現役を引退した人の多くは、もっと時間を有効に使うべきだった。なんていうお話をよく耳にします。


今回は「時間は一番大切だとされる理由」について触れていきます。








時間が人生で一番大切なことだと理解した方がいいです


時間というものは、切っても切り離せないであろう一生付きまとうものです。
よく言われることが、時間を守る。
この言葉があるように、時間は無限ではないのですね。


そのため、死逝くときまでの制限があります。
今となっては100歳とかが普通となる時代に変化するといわれているので、より使える時間は長くなることでしょう。
しかし、これは五体満足で病気をほとんどしてないことが限定とされてしまいます。


なので、その分を引いてしまえば、残っている時間はそう長くないのかもしれません。
このようにして、考えると自由な時間は限られているのですね。
仕事や学生時間を加えるともっと少なくなりますね。


その時間で大丈夫だと話すのならば、良いのですが、いっても10~20年くらいしか自由な時間はないと思っております。
それを有益な時間にするのかな?それでも良いでしょうけど、それだと悲しくなりませんか?
結局、時間は決まっており、この自由な時間でさえも、出来るものは限られるようになっています。


そうなると、仕事や学生のときの時間を有益に使おう!と思うようになりませんか?


minticecream.hatenablog.com





時間は作ろうと思えばいくらでも作ることが可能である


目上の人や上司に「時間は作るもの」と教わった人いませんか?
それとも自分でそのように考えるようになりませんでしたか?
これはあたりであり、そもそもそのように考えなければ、じりじりと時間は過ぎ去ってしまうのです。


成功者たちなんかは、スケジュールを用いて時間を決めています。
例え成功者じゃなかろうが、ある程度スケジュールを決めてしまえば、時間は余るようになるのですね。
膨大な量の仕事量をどのようにして工夫するか?学生ならば、どのくらいを勉強時間に充てればよいと考えるべきか?


24時間すべてを一つのことに注ぐことは別に悪いとはいいませんが、はっきりいってそれはNGと僕は考えています。
他のものに手をだしていき、新しい知識を蓄えていくのです。そうしたほうが何よりも有益な時間が自分の元にやってくるようになります。
スケジュールなんかも、1時間として作るのも良いですし、30分ごととして作るのも良いとは思いますよ。


正直スケジュールはあくまでスケジュールでしかないと考えればよいのです。
削れるものは削り、迷ったら削る。やろうと思ったことを優先してやっていけば、おのずと良い結果に結びつくことでしょう。





24時間のうちに一つのことをすべて注ぐことはNG


1日24時間として人間は生きています。
そのうち睡眠に6~8時間を費やす、この時点で残り18~16時間になります。
これを仕事や学生時間を入れてしまうと、あとは10時間くらいになります。あくまでこれはざっとしたものであり、本当はもっと少ないです。


この間に食事やお風呂などの通常の生活を入れてしまうと残りは本当に5時間くらいになります。
この5時間でいかにして何をするか?が問われてしまいます。
そして、大きなこととして仕事の際に何かができないか?と考えるのですね。


休みの日も寝て過ごすということも良いのですが、人はたった24時間しかありません。
これをいかにして使うか?ということで、楽しい人生がおくれるのです。
残りの5時間で勉強をするのか?遊びをするのか?これはその人次第になりますが、はっきりいって厳しいことなのです。


こういう状態だからこそ、一つに捧げるのはNGとするのです。
広い範囲を見渡し、自分のものにできることはするようにしなければ、成長の階段を上っていくのは難しいと思うのです。
24時間という時間がせっかくあるのですから、それをいかにして有益にするのか?といったことを日々考えるべきなのです。


毎日5時間を勉強に費やしてみるのは別によいです。しかし、人間は同じことを続けることが何よりの苦痛であり、集中力も続かないのです。
そんな時に遊びを含めて、そこからやってくる新しい知識を蓄えるのです。
そのために、24時間をすべて一つに捧げるのはNGとするのです。





自分の時間と人の時間という問題


コミュニケーションや仕事面でよく問題としてあげられるのが、自分の時間と相手の時間です。
これがどういうことなのか?といいますと、時間は平等に分け与えられているということなのです。
つまり、コミュニケーションで自分から話かけて10分浪費した場合、相手の10分は有益なのか?それとも?といった状態に陥ります。


相手が楽しい!と感じさえすれば、それで有益な時間だったとすることになります。
しかし、つまらない酒の場で上司をおだてるだけの時間は無駄でしかないでしょう。
これは決まらない会議としてよく世の中で問題視されています。


本当にそうなのです。時間だけが唯一誰にでも平等にわたっている以上、確実に損得勘定がやってくるのです。
その時間は自分には有益なことがやってくるのか?どうなのか?とひたすら考えなければ、いけません。
だらだら、何も意味のないとすることならば、本当にきったほうがよいのですね。


なぜならば、時間は無限ではないのですから。





結局は自分での考えようなのが時間


最終的に判断するのは自分自身です。
すべてゲームに注ぐのも別に悪いとはいいませんし、思い出にもなります。
結局人はなくなれば、何ももっていくことができません。


あの偉大なお金さえももっていけないのです。
しかも、なくなる直前は思い出すものは良いことなのですね。
お金は実はそこまで大切なのではないのかな?と考えるかもしれませんが、実際そうなのです。


良い思い出、特に家族などの思い出が強く残ります。
相手とのコミュニケーションも自分が利益あればそれでいいのですね。
難しく考える必要はどこにもないのです。


仕事のことでも成功者がどうのと語ることが多々ありますが、それをして本当に幸せなのかな?と疑問に思うこともあるのです。
そうなれば、一生普通と言うことで過ごすのがありなのかもしれません。
自分で決め自分で判断するのが時間の有益な使いかたなのは忘れずに、





時間が人生で一番大切なことだと理解した方がいいですのまとめ


時間は非常に大切であり、だからこそ無駄なことには1秒足りとも使いたくない!と思いませんか?
1秒あれば何ができます?何もできませんよ?
3分あれば何ができます?カップ麺が作れてしまいます。


1秒も積み重なれば、1時間になりますし、人生の3分の1が睡眠とされるくらいに寝ています。
そうなると、非常に大切なことだと理解できるはずです。
だらだらするのは別に悪いとはいいませんが、もっと楽しく人生輝かせたいとは思いませんか?


登山いくのもよいことですし、海外旅行するのも良いことです。
何か自分に有益であるということをしてみるのが何より良いことでしょう。
そうでもしなければ、つまらない人生だったで終わってしまいます。


結局生きるということに疑問を持つことでしょう。
普通に考えてそうはなりたくないことでしょう。
誰に対しても平等ということは、非常に怖いものです。気が付いたら終わっていたなんてことがあるのです。


時間は有限です。しっかりと計画を立てることをオススメします。


以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com