幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

強い意思がなければ目的、目標の変更はNGです。

f:id:minticecream:20190515163202j:plain


おはようございます。結城シキです。
人は一生のうちに何かを続けることが余儀なくされています。
生きることを続けるはもちろんのこと、仕事を続ける、勉強を続けるといった日常で当たり前であることから、趣味を続けるなどなど


さまざまな結果や目標を求めて追い続けます。
そのため、目的意識が最初のうちに芽生え始め、そこから達成すれば徐々に上へとあがったり、状態を維持したりと日々何かしら行っています。
そんな続けている中で確実に、どこかしらで目的の変更が行われます。


今回はそんな「目的意識または目標の変更は良いことなのか?」について触れていきます。








目的の変更は良いことなのか?


結論から申しますと、悪いことだと思っております。ただこれは意思の問題であり、すべてにおいて悪いとはいきれません。

ここで「意思」がでてきたのですが、目的や目標というものは手に取るまでに膨大な時間や労力を必要とします。
そのため、途中で諦めてしまったり、変更をするなどの問題点が大きくでてきてしまうのですね。
結果的に変更をしすぎてしまい、自分は何がしたいのか?の思考に落ちます。そして、続けることが無駄と考えに至ってしまいます。


最悪なのが、目的や目標を決めることに力を注ぐことです。
未来予想図を決めることは、良いことだとは思いますが、そちらに力を入れすぎてしまい、手に負えなくなってしまう。
あるいは、決めたことによって満足してしまうといったことが挙げられます。





意思が強固であれば、問題なし


もちろん意思が強ければ、その問題は回避されることでしょう。
最初に大きく出過ぎたことが要因し挫折を味わうことが必ずしもあるかと思われます。
自分が思っていた以上にその道は険しかったと、そのため変更をしなければ続けることができそうにない。


そうなってしまえば、それで構わないと思います。
続けることができる。これだけが何より大事なことなのです。





求めるものが数値に変更される問題話


ここまで書いててどういうことを伝えたいのか?を知りたい方も多いかと思われます。
なので、一番身近でわかるお話で「お金」や「数字」ですね。
これらは目に見えるものであり、インターネットで検索をかければすぐに何かしらヒットします。


例えば「初心者ブロガーはPVの数値を見るな!」ということですね。


これが非常に多い問題点の一つかもしれません。
初心者の時代最初に掲げる目標としては、大体PVなんかよりも「自分の書きたいものを書いていく」
youtubeもそうですね。やりたいことを投稿していくですね。


しかし、それが数値による目的思考に変化されてしまいます。意思が弱いとすぐさま目がそちらに向かってしまいます。
ブログとyoutubeでは「見られた回数」が目的になってしまいます。
心で何も考えてないと思われていても、自然とそちらの思考に落ちてしまいます。


結果的に目先の物だけに囚われてしまうのです。
今日はPVが少なくなっていた。視聴回数が下がっていた。
こうなってしまい、最初に掲げていた「自由に書く」がなくなるのです。これが目的や目標の変更はNGとする理由です。





欲が楽しみから、お金へと進んでいく


目的や目標がお金になるケースは少なくありません。
人はある程度の地位や名誉、お金を手に入れてしまうと、人格の変貌が行われるとされています。
これはどんな人でもそうだとは限らないのですが、地位が高くなった瞬間に暴虐武人のような行動を行ったり、お金を得たいあまり、ありとあらゆるものに手を染めます。


これに少しつながるものが「マルチ商法」や「裏ビジネス」のようなものだと考えております。
「必ず儲かる」とのキャッチコピーでだまされるのですね。そのくらい欲というものは強く、数値というものは偉大です。
それでいてデメリットはまったく見ないのです。借金契約やエイズや梅毒の感染などが挙げられます。


脱線しましが、あまりにも目先の目的に囚われるのはよくないのかなと思います。
本来こういった人たちは、人生での目的や目標があったはずです。それなのに、お金を得たいがために別の選択をしてしまう。
結果として悪い方向でしか物事が進まなくなる。自業自得ではあるのかとは思いますが、本来の目的や目標を忘れないでください。





変更せずして増やすことも視野に入れる


大体の場合目的や目標を変更する脳になっているはずです。
しかし、世の中1つだけしか設定してない仕事なんてないのですね。
複数あって一つ一つつぶしていく形になっているのです。それは趣味の観点でも同じように言えます。


例えば、ブログでしたら、最初の「自由に書く」プラス「PVを月100まであげよう」などですね。
徐々に増やしていくのです。それでいて、最初は小さく立てるのです。
達成し続けていき、大きくしていくことが良いことだと思います。


ただし、やりすぎには注意が必要です。





そもそも目標や目的なんかを考えない


仕事や学生なんかで「○○までやりなさい」といった言葉をかけられたときにやる気減少の億劫になりませんか?
そういったのを踏まえて最初から決めないことを良いとする考えもあります。
義務感に苛まれてしまうのですね。やはり義務で行うことは心身ともに疲れが生じてしまいます。


夢なんか持つな!と有名人も話しているのを耳にしました。
それと同じです。下手にもっても、つらいと思うだけなのです。





目的意識または目標の変更は良いことなのか?まとめ


すべてにおいて悪いことではないのですが、僕的にはあまり良いとしない考え方です。
ちなみに当ブログは、目標となるものは何もないです。
目的はただ続けれる力をつけるだけです。それを他の分野で使いたいだけのお話なのです。


これから付けていくかもしれないのですが、またそれは別のお話ですね。
強固な精神で、必ず達成してみせる!と考えるのならば、付けたほうが良いです。
達成したときの快感は非常に良いものだと僕も知ってはいます。


ただ、本来の目的である実行することがおろそかになってしまうことが多くあるため、変更をするのはあまりよろしくないのだと書いているのです。
人の考え方は、そこまで強いものではありません。どんな人であろうが、楽になりたくなるのです。
これは生物として当然なことなのですね。悪いことでは何らないのです。


よくお金がテーマとして扱われるのですが、それも別に悪いことではないのです。
そもそも、お金が発生してやる気を出すことが非常に多く語られています。
Twitterなんかでも、収益がアップしたことによる報告を見ると、楽しんでいるんだなーとやってみたくもあります。


ちなみにブログ歴9年間ではありますが、一度も収益化したことないのですよ。
僕はお金を得ることに恐怖を抱いているからなのかもしれませんね。
今回書いたのが何よりの証明です。この先したいとは考えておりますが、手がだせませんね。


正直恥ずかしいお話かもしれませんが、世の中にはこういった人もいるのです。


以上です。ありがとうございました。