幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

「過剰な自信」が人生でもっとも必要とされる理由。

f:id:minticecream:20190503055011j:plain


おはようございます。結城シキです。
学生時代から少なからず、あまり自分に自信が持てないと思っている人はいませんか?
時が進むにつれて自分で何かを変化させていかなければいけない。行動による発言が必要になっていきます。


社会と学生とでのもっともな違いになりますね。
今回はそんな「自信が人生で必要とされる理由」についてご紹介していけたらと思います。








「過剰な自信」が人生でもっとも必要とされる理由


何事にも自分で進んで行動しなければ変化が起こりません。
それは学生時代でもあったはずです。しかし、学生時代ですと、そこまで求められるほどのものではなく、なあなあで終わってしまいます。
社会人になると、まったく通用せず、なおかつ自分に降りかかってくることが多いのです。


その時に自信のない人は、更なる最悪が押し寄せてきて対処できなくなり、それが増えていく負のスパイラルにハマってしまいます。
テレビなんかでも見たことありませんか?ネガティブは同じネガティブを呼び寄せるというお話。


これは逆にも同じように言えることで、ポジティブの人は同じポジティブ要素が降ってくるのです。
ほぼすべてにおいて、良い方向に進んでいくのですね。周り人も自信のある人の方によってきます。
過剰である理由と題名には書かれているのですが、別に過剰に固執しなくていいのです。


なぜ過剰と書いているのか?なのですが、これは自己暗示を目的としたものです。
ただの自信だと、やはりそう長く続きませんし、やっぱりどこかで損失してしまうのです。
過剰であると自分に厳しく思えるようになるのですね。これはやってみることをオススメします!!


関連記事:自分の考えはしっかりと持ち続けることの重要性について - 幽閉図書館





学生時代での大人に憧れるのは「自信」にある


学生時代で大人にあこがれを抱いた人は多いかと思われます。
その理由として、余裕がある!ですね。
焦らず、冷静に物事を分析して行動する。それはつまり自信があると考えられるのですね。


そのため、大人=自信を持っている。
このようになり、学生時代であれば、狭い視野でもかっこいい!素敵!素晴らしい!と簡単にですが、思うようになるのです。
結果的に大人の階段を上っている最中の若者は、嗜好に走ってしまったりするのですね。


未成年でのたばこやお酒が何よりの証明になることでしょう。
学生時代ですと大人は全体でしか見ることができませんし、このように大人に強い影響を受ける子自体は僕としては、問題ではないと考えています。
ただ、そのような道に走っている子を矯正するのが、ある意味大人の役目でもあるのですね。





自信過剰=プライドが高いではないので注意です。


自信過剰な人は融通が利かず、その人のわがままですべての物事が進んでしまいます。
そのため自信過剰と言う言葉だけだと、良いイメージがないと思いますが、実際自信過剰と言う人の行動の多くはプライドが高いに該当します。
あくまで、物事を自分で解決したり、他人を助けたりとそういった自分で選択し、自分での行動することが自信なのではないのかな?と僕は考えています。


プライドが高いというのは、今までの経歴や誇りを使い自分の思い通りに物事を運ぶように見えてしまうのですね。
その結果昔はこうだったから、今もこうだ!新しいことに関しての知識も蔑ろにし、周りからだんだんと能力の差がでてくるのですね。
いつまでも成長しない人とレッテルが張られるようになります。


ただこれは僕がただそう思っているだけであり、実際は違うかと思われます。
プライドにも場面場面で使いどころが確実にあります。プライドが0の人は総じて自信も0です。
ある程度のことは踏まえて行動しましょうとのお話です。


関連記事:無駄な行動は無駄なプライドよりも有益に働きやすい - 幽閉図書館





自信ない人の多くは自分と向き合ってないから


人は一体自分に何が適応するのか?どういった能力がるのか?などなどわからないことだらけです。
実際偉人でさえも、生きている間で成功を収めたと思われる人ってほとんどいないのですね。
大体なくなってから有名になることが多いです。それと同じように、わからないことは普通なのです。


そのわからないことを悩むだけで、自信がないと思っている可能性が非常に高いかと考えています。
それは逆に言えば、時間の無駄でしかなく、自分に何が適応し何を得意とするのか?はやってみなければわかりません。
嫌いなものは無理にのばさなくていいですし、今好きであることに対して力を思いっきり注いでください。


そのようにすれば、おのずと自信が高まってきます。高まるまでは、決して周りを見てはいけません。
好きがなければ、有名なものに一度手を出してみることもありです。
一気に自信過剰になることは決してないのですね。徐々に自信過剰になっていくのです。


関連記事:あなたは自分自身を肯定できますか?何事も最初は自分で自分を無理やりにでも肯定していくことは大事なことです。 - 幽閉図書館





性格を劇的に変化させる方法は革新的な環境変化他ない


先ほどから通じるものがあるのですが、結論から話しますと、先ほどの「自信ない」の方に書かれていることです。


ではこれは何?と思うかもしれないので、説明いたします。


自信のない人は性格を変えたい!劇的に変化させたい!と強く思うパターンが多いかと思われます。
しかし、それは無理と断言します。人間の性格は外は変わっても内面までは決して変化しません。
それは年を重ねれば重ねるほどですね。頑固な人が年よりに多いのがそれにあたります。


やはり今までの人生それで進めてきたからであり、何も知らない人から何かを言われるのは、あまり良いと思えないことでしょう。
人間を思いっきり変える方法は、革新的な環境変化他ないです。


大学生になり、1人暮らししました。その影響により、親の偉大さが初めて分かりました。と同じです。


ただ、こういった革新的な変化にはデメリットも非常に多く存在するのですね。
まず第一に「逃げる」ことができなくなります。嫌なら逃げろ!こちらの行動は勇気を必要とし、また革新的な変化をしなければいけません。


それが第二の「精神状態の起伏」になります。
革新的な変化は、つまりその分自身の負荷も大きなものがのしかかってきます。疲れやストレスが徐々に増えていくのではなく、一気にやってくるのです。


自信過剰にすでになっている人であれば、逃げる、起伏の革新的な変化はものともしません。
しかし、ただ変えたい!でも先のことはまったく考えてないとなる場合の革新的な変化はつらいだけです。
徐々に順応していかないと、慣れるものも慣れませんし、自分を落とすだけになり、性格が歪んでいきます。


なので、まだ自信がついてない人は一気に変えることはせず、徐々に自信過剰になっていくのがベストだと僕は思っています。





自信過剰になれば、返ってくるものも自分主体に変化し楽になる。


自信過剰になれば、自分の発言や行動に責任を持つようになるはずです。
自分がやったのだから、すべて自分に返ってくることは自然なことで、手柄も自分、失敗も自分になります。


その分失敗すれば、自分で行動、発言をしたことで、何がダメだったのか?何をすればよかったのか?と原因究明ができるのですね。
これが他人の失敗で、自分のせいにされた場合は、そもそもの原因がわからず、意味もなく謝らなければいけなくなります。
不公平だと思いませんか?すべて自分のせいにされるんですよ?だとしたら、自分で選択して失敗したくありません?


成功も自分で行動し、さらに自信が付きませんか?失敗はそれを教訓にし、次に生かせる。
自信過剰になればメリットが多いです。それくらいオススメってことですね。


関連記事:なぜ?を考えるのってすごく難しいことなんですよ。 - 幽閉図書館





自信過剰にはなりすぎないことも考えるべき


やはり、自信過剰になりすぎると、どこかで大きな失敗をします。
今までの失敗経験もすべてなかったことのように考えてしまうのですね。人間という生き物は。
なので、自信過剰のまま人生が楽で、スムーズに進み今まで失敗がなかった人は大きな失敗の際に、まだ大丈夫と考えてしまうのですね。


自信過剰は良いものばかりではないのです。
どこかしらで、消極的な心は持っておかないといけません。
周りのことも読み取ることができなくなります。気が付いたら一人になっていたなんて言うお話もあります。


なので、心の隅にでも今までの自分の消極的だったときの人格は残しておきましょう。
きっとそれがセーブして、大きな失敗をしなくなるかと思います。





「過剰な自信」が人生でもっとも必要とされる理由。まとめ


ギリギリのラインというようなことを言われますが、自信過剰の場合だと、ギリギリ超えても良いかと思っています。
それくらいに自信がないって負の力が強いのですね。


インターネットが主流でSNSなんかで、騒ぎをしている人が多くいますが、それを推奨はしていませんので、気を付けてください。
自信過剰と無謀馬鹿は意味がまったく違います。人様に大迷惑を与えるのは、大人の自信とは違うでしょう。


自分だけが痛い目にあうのなら、まだいいとは思っていますけどね。
それこそ自分の選択の結果ですので自業自得になります。


大人になれば、おのずと自分で考え、行動しなければいけなくなります。
そこに助けなんてありません。逆に責任転嫁というものが押し寄せてきます。
絶えるだけでは、何も変わりませんし、返られません。


他人が行動するのではなく、自分が行動するがもっとも楽しく生きれると思います。



以上です。ありがとうございました。