幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【ゲーム初心者必見】チュートリアルは攻略の答えが見つかる重要なところ

f:id:minticecream:20190501154358j:plain


おはようございます。結城シキです。
ゲームのニュースでたびたび報じられていることでチュートリアルを無視する。
このような方が多く見られます。僕もその中の一人だったりしますね。


そんなチュートリアルなのですが、いくらゲームに慣れている人でも見なければならないとされる重要な説明書になっております。
今回はそんな「ゲームのチュートリアルの重要性」こちらに触れていきます。








ゲームのチュートリアルとは?


ゲームを始めるうえで欠かせない要素の一つである「チュートリアル
こちらは、ゲーム初心者でも楽しく遊べるようにと開発された説明書になります。


そのゲームの基本となる部分であり、それを熟知していれば、様々なところで活躍できるようになるわけなのですね。
難所と呼ばれる場所であっても、基本は同じですので、それを応用した行動をすればクリアできるように設計されているのがゲームになります。
そのため、チュートリアルという要素は本当に大事な部分であり、スキップしてはいけないとされるものなのですね。


関連記事:誰しもがなるゲーム序盤に起こる3つの問題について!! - 幽閉図書館






チュートリアルはなぜスキップされるのか?


そもそもなぜスキップされるのか?について簡単に箇条にすると以下のようなことがあげられます。


・めんどくさい
・好奇心
・すでに理解している


三つが代表的な理由になるのかもしれないですね。
一つ一つ解説していくと・・・



チュートリアルが「めんどくさい」

まず「めんどくさい」なのですが、こちらは文字がただ流れていることや一つ一つの解説の時間がものすごく長いと感じるためですね。
そのため今までたくさんのゲームをやってきた人や、本当に少しゲームを触れた人なんかだと、すっ飛ばす原因にもなりえるのです。
やはり、文字を見るためにゲームを買ったわけではない!と考える人は非常に多いです。


それを考慮して、動画などを使ったこともするのですが、やはり一つ一つの丁寧な解説が仇となるみたいです。



すぐに走りたい「好奇心」

次に「好奇心」となります。
ゲームを買った始めはすぐさまそのゲームをしたくて仕方ありません。
なので、チュートリアルをすっ飛ばしてでも、戦闘や物語を進めたくなってくるのですね。


チュートリアルなんていうのは、追々じっくりやると考えているため、今ここではある程度最初は進めていこうと思うのです。
好奇心だとそれが強く出てき過ぎているため、飛ばされてしまうのですね。



すでに操作を理解していると思っている

三つ目に「すでに理解している」
このすでに理解しているのは後に「そう思っている」と付け加えたほうが良いかもしれません。
ゲームをいくつもしている人の場合だと特に多いケースなのですが、操作方法はある程度一緒な部分が多く、理解していると思い込んでしまうのですね。


これは、慣れているからのせいもあり、非常にこちらを脱出するのは困難かと思われます。


関連記事:『慣れ』は本当は恐ろしいものだった!一度初心を思い出してみてはいかが? - 幽閉図書館





親切設計ほど嫌われやすい


チュートリアルというものは、ゲームの基本となる部分ですので、親切設計ということを考えて作られていきます。
そのため、親切であればあるほど嫌われやすくなる傾向にあるのです。
それはなぜか?親切になりすぎると、文章量も多く、操作も事細かくなるためですね。


RPGや格闘ゲームなんかだと、これが目立っていきます。
基本が大事とされる上の二つのゲームジャンルは、非常にチュートリアルが大事なのですが、その分読まれないことも多いのです。
やはり親切すぎるのが一番の原因なのかもしれません。


RPGなんかだと、このスキルとこのスキルを続けて使えば、高火力!それにバフやデバフ、相手の弱点を見極めて使えばさらに高火力がだせるよ!
このように文字がつらつらと長くなってしまうのですね。さらに、物語が進めば、よりやれることが多くなり、その分チュートリアルもすっ飛ばしてしまいます。





チュートリアルが必要ないシンプルなゲームもある。


ゲームジャンルには、すべてにおいてチュートリアルはあります。
しかし、特定のゲームジャンルには、見たままで操作が分かってしまうものもあるのですね。
一応これは、僕個人がそう思っているだけのことですので、参考程度にどうぞ。


音楽ゲーム
・レースゲーム
・パズルゲーム


適当にガチャガチャしてしまえば、操作が可能です。
これらのように、チュートリアルがそこまで必須なものでもないジャンルも少なからず存在します。
しかし、あくまである程度のレベルまでですので、それ以上を目指すのならば、やはり必須になりますよ。


関連記事:ゲームを始める前の注意点『ジャンル選び』について - 幽閉図書館






昔のような帰りの説明書がなくなったのは致命的


一部の人にしかわからないかもしれません。
ただ、今のゲームだと、これがないことが多いです。
すべてはゲームのソフトの方に内蔵されていて、そこからチュートリアルに参加していく形になります。


数年前のゲームは、説明書が存在し、小学生時代ならば、帰り道に説明書を見ながら帰り、知識ができてからスタートになりました。
今はそれがないのですね。まだ少なからず残っているものもあるのですが、どんどんなくなっていきそうです。





ゲームの基本はどこいっても変わらないためチュートリアルは必須


中には読まれないためチュートリアルは廃止したほうが良いのではないのか?といった声もあります。
しかし、いざ廃止すれば、操作はシンプルなものしか受け付けられなくなってしまいます。
ゲームでは、情報を知っているものが得をすることが多く、チュートリアルが存在することは、すなわちみなが平等に情報を知っている状態からスタートするにつながるのですね。


なので、廃止自体はあまりオススメすることができないのです。
そして、何よりゲームは物語がいくら進んでも基本となるベースは何も変わりません。
もしかすれば、一部ゲームは最終戦で基本を求めてくるかもしれません。そのくらい、攻略に必要なものとして考えたほうがよいかもしれないです。





モチベーションが上がる可能性も秘めている。


最初チュートリアルをすっ飛ばした人には朗報なお話なのかもしれません。
ある程度力をつけてしまうと、物足りなくなるか、積みます。
そのため一気にモチベーションのダウンに繋がってしまうのですね。


しかし、初心の心忘れるべからずとあるように、最初に戻ることはモチベーションアップの秘訣だったりします。
チュートリアルを見ては、このような操作やシステムがあったのかと確認し、実践する。
新しいことを与える場所であるため、忘れていたものも思い出せたりするし、意外とモチベーションアップに貢献するのですね。


人によっては見ても上がらなかったという声もあるかもしれませんが、躓いたり、物足りなくなった場合チュートリアルの確認をすれば、何かしら得るものもあるかもしれません。





チュートリアルは基本部分を説明する場所です。まとめ


チュートリアルは嫌われるゲームのシステム第一位なのかもしれません。
長く、知っていることをつらつらと流れていくものをみていてもつまらないと感じることでしょう。
しかし、それを理解しているか?どうか?でそのゲームの楽しさも変化していくのではないのかな?と少しばかり思うところがあります。


基本とは本当に重要であるため、わからない!知らない!そうなの?と疑問になるところもすべて載ってたりするのですね。
大体ゲームで積みが起こる場合は、チュートリアルを見れば解決します。
そのくらい攻略に重要なのですね。


以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com