幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【理解からの始まりを】ストレスの基本となる部分を簡単にまとめてみましたよ

f:id:minticecream:20190430161959j:plain


おはようございます。結城シキです。
人間人生の中で様々なストレスと戦い苦しみます。
結果それに抗うことができず、体調を崩すほどの原因になりえるものです。



今回はそんな「ストレス」に関する記事になります。








ストレスの原因はかなり多くある。


当たり前のお話なのですが、ストレスの原因は多いです。
人間関係、生活環境、お金によるもの、考えれば考えるど多くでてきます。
そんな数多く存在するストレスの何に当たるのか?を自分なりに決めていかなければ、断ち切ることが難しいとされています。


例えば、人間関係なら、今の時代ではすぐにやめて、次の進むことをしたほうが良いなどですね。
ただし、こういったように「逃げ」での行動ができない場面も多くあります。
今まで何もなく、普通に過ごしてきたということが最もな原因になることも多く、それに気づかない人も多いのですね。


未来のことを見据えて行動をする。これがいかに重要なのか?を再確認するのもストレスの意味なのかもしれません。


関連記事:つらい!きつい!苦しい!と思えているうちはまだ平気です!すぐに行動すべし!! - 幽閉図書館






「逃げる」行為は今ならやるべきストレス解消法


「逃げる」行為自体は、あまり好かれない方法です。
会社なんかでも、人生を知ったように「逃げても意味がない」「どこも雇ってくれないよ」などなど発言する能無しが多く存在します。
他に、一気に環境の変化があるということはすなわち「不安」も一緒にやってくるということなのですね。


これが非常に耐えられない人が多く、ストレスになる!とわかる行動に移すのは人は大体嫌がることですし、原因がそれにあたるのであれば、比較的向かいたくないことでしょう。
しかし、それをしなければ、今の状態のまま続けなければいけません。そうなってしまえば、逃げることよりも悲惨な結果が訪れてくる可能性は高いのです。
逆に人が不安になること自体は、僕としては良いものとして考えております。


なぜならば、不安になれば未来のことを考えます。そのため、今何をすべきなのか?を模索していくのですね。
そうして得た情報を利用し、自分の思う道に進んでいくようになるのです。
人間不安にならなければ、誰しも行動はしません。したいのならば、今を脱出しましょう。


関連記事:何も必死に我慢することがすべてじゃない!意味もなく耐え、体や心壊す人が多すぎる!!その前にやめちまえ!! - 幽閉図書館





良いストレスと悪いストレス


あまり聞きなれないかもしれないのですが、生きていけば何かしらあります。
「良いストレス」なんていう言葉、あまり聞いたことがないでしょう。でもあるんですよ。良いストレスとなるものがね。


大体悪いストレスに分類されることが多く、その代表が「人間関係」になりますよね?
誰しもが、人間関係に苦しみます。本当になぜ?そこまで生きてこれたのか?と思うような人周りにいませんか?
自分勝手でわがままな野郎と一緒に仕事したことありませんか?本当に無駄で、ストレスになりませんか?


悪いストレスとは、自分が変わる他ないのですね。もう、お手上げの状態であり、その変わることが先ほど書いた「逃げる」に繋がります。
仕事ですので、必ず組織に属しています。どこかしらで、会うこともありますし、一緒に仕事しなければ、いけない場面も増えていきます。
そのため、ストレスはますます増加していきます。なので、自分が変わり、無駄である時間を削減するためにも「逃げる」になるのですね。


次に「良いストレス」に触れていきます。
こちらは、主に挑戦や何かを選択している場面に使うことです。
代表的なものとして、勉強になりますね。別の言い方になれば「不安」になるかもしれません。

しかし、こういった良いストレスは「自分の成長」に直接結びつくことであるため、この場合に限り逃げてはいけません。
成長したくなければ、逃げても良いのですが、基本的に逃げることは罪になります。


ただ悲しいことに、良いストレスの場合はすぐに逃げることができるのですね。
挑戦や選択、勉強は、誰からも言ったことではなく、自分から進んできたものであり、いつでも逃げることができるのです。
そして、何より、逃げたことにより不安もなくなっていくのです。


体的には良いことなのかもしれませんが、成長を投げ捨てることは、100%悪いことに繋がってしまうので、オススメはしませんよ。


関連記事:すぐには結果に結びつかないので、日々コツコツやるのを心がけましょう!! - 幽閉図書館





身体的ストレスとは危険信号


基本的にストレスは害悪なものです。
ただ、人間は鈍く、鈍感であるため、信号を見逃してしまうことも少なくありません。
その代表的なものとして「身体的ストレス」ですね。


何かしら少しでも、痛いと思えばそれはストレスになります。
体は外の物を触れたときや信号を知らせるために「触覚」があります。
これは、普段何気ないことでも発動しているスキルのようなものであり、ただ椅子に座っているだけでも背中やお尻が痛いと思う場面がありますが、それにあたります。


ただ、触覚は敏感であるため、何でも気づいてしまうのですね。
その何でもに気づいてしまうがために、いざ!というときに限って鈍ってしまうのです。
俺はまだ大丈夫はもう大丈夫ではないということです。


結果的に身体的ストレスは、腱鞘炎や骨折を引き起こす要因にもなります。
怖いお話ではありますが、身体的ストレスというのは危険信号ですので、これに気付いているかいないか?
我慢する?しないか?でこれからが変わっていきます。


関連記事:簡単に体は壊れるものなので、気を付けてください。 - 幽閉図書館





精神的ストレスはすべてを壊し始める。


身体的ストレスは正直危険信号と書きましたが、注意を払ってくださいの意味であります。
本当に怖いのが「精神的ストレス」ですね。
こちらは、鈍感とかいう以前に、病気になってもわからないのですね。


身体的なものは、1年くらいで大体治ってしまうのですが、身体的なものは、数十年も完治に時間を要します。
もしかすれば、永遠と向き合わなければいけない。とされるケースもあるのですね。


そのくらい危ないものであり、こうなってしまえば、判断も鈍くなり、やがて痛みも痛みとして感じなくなっていくのです。
結果内蔵が破壊され、脳までもが破壊され思考停止になってしまいます。
日本人は、我慢を美徳とする文化ですので、自殺率も本当に多いです。


こうなってしまえば、自分ひとりで脱却する方法は0に等しく、周りの手を借りなければ、いけない状態になります。
そうなる前に身体的ストレスで危険信号となるわけです。





ストレス発散は身近なものでするべき


ストレスは蓄積と言う形で徐々に溜まっていきます。
爆発すれば、先ほどのようになるわけですので、それをする前に日々のストレスチェックや、ケアが大事になっていくのです。
ではどうすればいいのか?なのですが、ストレスの発散の仕方は人それぞれです。


趣味を使って発散できるような人であれば、そちらに転じていただければよいですし、趣味がないという人であれば、外にでて歩くだけでも構わないのです。
空を眺めるだけでも解消することは可能なのではないのでしょうか?
お金を使えば発散になる!という人もいますし、食べればその分良いとなるかもしれないのですが、ここら辺は制限を付けないとかえって危ないです。


なので、掃除をし心が穏やかになるといったことで、綺麗にするなどがよかったりしますね。
わざわざ遠くに行き、疲れたまま次の日を迎えるのも、あまりよくないです。
身近なもので何か普段しないことでもいいです。解消を見つけてみましょう。





ストレスについてのまとめ


ストレスからは逃げるが一番良い方法です。
体は資本という言葉があるように、壊してはいけないのです。
働くことは必ず体を使います。そのため、無理して壊すのがもったいないです。


使えることはばんばん使っていくこと、これは念頭にいれないといつまでたっても打破することはできないでしょう。
プライドが邪魔をすると思うかもしれません。しかし、そのような環境に属している方が悪であります。
一刻も早く脱却しましょう。


以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com