幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【ルールを決めましょう】ゲームは1日何時間が理想的な遊び方なのか?

f:id:minticecream:20190428141541j:plain


おはようございます。結城シキです。
ゲームの力が徐々に増してきている昨今のゲーム事情。
やはり、一昔前からたびたび問題になっている「ゲーム時間に関すること」を今回触れていこうかと思います。








ゲームは1日何時間が理想的な遊び方なのか?


ゲームの歴史はまだまだ短いです。そのためゲームの用語の意味も適切な使い方もまだ定まってないことばかりなのですね。
バフやデバフといったメジャーとされる用語でも、色々なものが存在し、これ!といった定義もまだ決まってないのです。
そんな環境の中で、ゲームの理想的な1日の時間を決めることなんて、まだ先のお話なのかもしれないです。


しかし、日本では一時期「ゲーム脳」と呼ばれる造語が流行りに流行ってしまいました。
その影響で、ゲームは悪とされる考え方が染みついてしまっており、今もまだ悪と表現している人は多いです。
そんな中もう一つゲームに関しての問題があがってしまいました。それがゲームの1日の時間です。


結論を先に書きますと、僕的には1日3~5時間が理想と思っております。


関連記事:ゲームに時間制限つけるのは悪いことじゃない!より楽しめる要素の一つだった!! - 幽閉図書館





有名な言葉「ゲームは1日1時間」の本当の意味


高橋名人の有名な言葉ですね。
しかし、これ実はものすごく深い意味がありましてね。
詳しくは検索してみて欲しいのですが「濃密な1時間にしろ!」というように書かれていました。


これが本当に素晴らしいものであり、だらだらやるゲームもよいのですが、決まった時間でどれくらい進行するか?といったように効率や情報を求めようとするのですね。
好きなもので鍛えていれば、おのずとリアルの世界でも使えるようになるのですね。
まあこういった一言は捉え方、解釈の仕方によってさまざまな意味に変わってきてしまうので、ここで区切るのですが。


実際問題1日1時間ほどのゲームは思い出としてもより鮮明に残るのではないのかな?と思うのです。
社会人になれば1時間なんてすぐに過ぎてしまいます。その結果同じような日々を繰り返さなければならなくなるのです。
しかし、1日たった1時間だけゲームに費やすことをすれば、気分も楽になると考えられるのですね。もしかすれば、僕だけかもしれないです。





理想的なゲームは3~5時間な理由について


僕個人が理想的な1日のゲーム時間が3~5時間と先ほど書きました。
1日1時間は良いものです。それでも3~5時間をオススメしたのには理由があるのですね。


簡単にここ最近のゲーム事情だと、1時間ではまったく進行することってないのですね。
音楽ゲームであれば、1時間ほど費やすとまだ良い結果が生まれてくるかもしれないのですが、それは序盤~中盤のみであり、終盤や達人レベルになると、それだけでは上達しなくなるのです。
これがまだ時間の猶予がある音楽ゲームでさえ、今はこのレベルになっているのですね。


RPGやFPSなんかだと、昔よりも求められるレベルが高くなってきています。
オンラインゲームが主体になっているゲーム世界では、1時間というのがものすごく短くなってしまうのです。
1ダンジョンクリアするのに、30分などもありますし、準備時間だけでも相当時間を費やしてしまいます。


そこで3~5時間というのがやってくるのですね。
僕はPCのオンラインゲームを主でやっているため、疲労度システムというものが存在します。
あってないようなものに変わっていますが、まだ存在します。これが、大体3~5時間ほどで0になってしまうのです。


それくらい使えるようになれれば、大体成果は残せるのです。


関連記事:【ゲームも努力は必須】ゲームの「努力」は考えてる以上に必要なことが多い - 幽閉図書館





結果と時間は比例するものではない。


1日1時間や1日3~5時間を例え実行したとしても、それが成果残せるほどのもの!と語るのって実際間違っているのですね。


あれ?さっき大体成果残せるって書いたじゃん?っと思うかもしれません。
そうなのです。すでにそこで嘘になっているのですが、嘘ではないのです。
ゲームというのは、確率の世界でもあるため、目的が下手すれば1分で達成しえることだってあり得るのですね。


逆に5時間ほど費やしても結果が0でしたーなんていうお話もまったくないわけではないのです。
実際そちらの方が報告件数としては多いです。ガチャで数百回回したけど目当てでませんでした!と一緒です。
やはり結果が時間で比例しないのが、ゲームの恐ろしいところなのですね。





時間を決めたからといって効率を求めるものでもない。


1日何時間やります!と決めたとしても、それが効率よくやる!というのは逆にストレスが増加します。
だらだらやってもいいのです。ゲームなんて思い出作りなため、誰が何をどのような結果を残したいのか?ですべてが決まります。
なので、オンラインゲームでも1日1時間設定で、1時間チャットするだけで終わってしまったーこともあるのですね。


実際僕が昔やっていたオンラインゲームではよくある光景でしたよ。
かえって効率よく1時間を過ごす!に関してなのですが、別にそれが好きでやるのなら構いませんが、決めて毎日やる!となると本当にストレスがかかります。
途中で何のために自分はこのゲームをやっているのか?を本当に問いたくなるレベルまで嫌になってくるのですね。


効率と時間というのはそういった怖いことも含まれているのだと考えたほうがいいです。





勉強の有無に関する問題


一番知りたいことかと思います。
大体の人で、ゲームの1日何時間が理想なの?と話す場合一緒に勉強のお話もやってくるのですね。
おろそかにならないのか?とですね。


ただ、一つ間違いを正そうかと思います。
テレビ、ニュースなんかで取り上げられまくっているかもしれないのですが・・・


「いくらゲームを制限したからといって勉強をするようにはならない。」


これが結論です。もちろん、制限したから勉強し東大にいきました!の声もあるかと思われます。
しかし、それはごく一部の例外であり、実際はより恐怖とされる方向に進んでいくのですね。
それが・・・


「制限解放後のゲームは依存を招きやすい」


こちらになります。これも色々なメディアがお話してることでしょう。
正直こちらの方が何より怖い結果になるのですね。せっかく東大にいっても、こういった問題が発生し、中退するお話よく耳にします。
大学生になってから一人暮らし、その後にオンラインゲームを初めて見ましたのお話は、一度でもいいので、見ていただけるのが何よりわかるかと思われます。


これは、制限が強ければ強いほど依存度が増します。なので、どうすればいいのか?なのですが、ほどよく緩めしか方法がありません。
好奇心旺盛時代にある程度触っていれば、おのずと一度捨てる選択をするのですね。
20代くらいになったら、ゲームに飽きた!という主な理由がこちらになります。


ほどほどが一番なのです。





ゲームは1日何時間が理想的な遊び方なのか?まとめ


3~5時間なのですが、5時間だと平日だと相当やっているレベルですよね。
なので、それは休日くらいにし、大体約3時間ほどがベストなのではないのでしょうか?
ギリギリ次の展開が気になる時間でしょうし、次は何をしようか?などなど妄想が膨らむことだってあり得ます。


あくまで僕個人的な時間です。あまりに多すぎると、かえって体に異常をきたすので、オススメはしません。
ある程度です。ある程度が一番いいのです。3時間でも平日なら、まだ長い方ですよ。
コミュニケーションツールになっているゲームですので、それでも交流を深め、友人関係を構築していくうえでは十分なのかもしれません。


日本はまだまだゲームに関してそこまで考えられていないのですが、海外では未成年は0時になれば強制シャットダウンなど、ギネスでも相当長い時間やり続けている人もいます。
それらを見ると、やはり理想は3~5時間くらいでしょうかね。



以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com