幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

コミュニケーションの最初は否定からではなく肯定から入りなさい!!

f:id:minticecream:20190309123302p:plain





否定より肯定しろ!


何事も最初に否定する人っていますよね?
あれって生きてて楽しいのかな?とさえ思えるのですがね。
コミュニケーションというかなり難しい分野は、それ相応に話したことで相手の対応は180度変わっていきます。


「口は災いの元」と言葉があるように、簡単に人との縁を切れるほどの力を持ち合わせています。
ここ数年以上も前から、コミュニケーション障害と称される人たちが増えていきました。
インターネットでは探さなくてもその姿をみれるほどそういった人たちは多いです。


しかし、僕からすれば逆にそういった人達の方がコミュニケーションはうまいのではないのか?と思うことも多々あります。
なぜならば、彼らは下手な行動は絶対にしなく、争うこともほぼないわけです。
最初は大体肯定から入り、相手は今まではなさなかったことを後悔するほどにまで、楽しい時間を過ごせてしまったりします。


それくらいコミュニケーションというものは、逆転する力を持っています。
「否定から入る」はそれらを壊しかねない要素の一つであり、実際正論とされることであっても、否定から入られた方が先に来てしまい
かえって激怒されることもあったりします。


思考や言葉は難しいものです。こればっかりは、東大や慶応に所属していようが、ムリゲーでしょう。
逆にバカや天然とされる人の方が、何かとコミュニケーションが上手だったりします。
相手を下に見ず、ちゃんとした会話ができる。それだけで年齢の差もなくなっていきます。


言葉の壁はかなり分厚いものです。行動や態度よりも、すぐさま相手との距離が縮まったり、離れたりします。
コミュニケーションする際は、気を付けることをオススメします。
第一印象は見た目と話されますが、会話も結構重要だったりしますよ。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:あなたは自分自身を肯定できますか?何事も最初は自分で自分を無理やりにでも肯定していくことは大事なことです。