幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

時間を守る人は素晴らしいと思う!けど僕は一生それを真似ることはできないかなー!!

f:id:minticecream:20190303132136p:plain





時間にルーズ


時間という概念は人が作り出したものです。
そう考えられているってだけです。実際よくわかっておりません。
そんな時間に関することなのですが、大体社会人になったら時間を守りなさい!と話す人が一定数存在します。


別にそれは理解できるんですよね。時間を守るということはとても重要なことであり、信頼度を高める要素の一つだと思います。
しかし、これって「入り時間」だけですよね?そこに疑問が生じました。
大体始業時間守れ!と話し、遅れた人は説教することが多いのですが、はっきりいってそれっていいことなの?と思いました。


この部分だけ書いてたら、別にいいことじゃんと思うかもしれませんが、ここで終わりの時間について考えましょう。
残業&残業ですよね?それを良いとする人は別にいいです。ただ、なぜか、そこで怒らないのですね。なぜでしょう?
そこがかなり前から疑問なところなのですよね。入りの時間は守らせて、帰りは守らない。よくわからないことです。


遅れた人に説教するという余計に時間の無駄な行為をする人もいますが、その時間を他に回せばもっと有意義に終わると思うのですよね。
他人が遅刻をしたことにより、そこまで人生が左右されるほどの重要なことは一体何のことをしているのか?と思うことばかりです。
人命が危ない!などのことならまずわかることではあります。走れメロスのようなことですね。これは、正直命がかかっているので、時間を守らなければなりません。


その場合の契約は、やはり確実に達成されるわけですね。殺されなくて終わったなどです。
しかし、現代は始まりは守らせても確実に最後は守るとは限らない状態になっています。だとするのなら、僕は一生時間にルーズな人でいいのではないのか?と思うようになりました。
人の時間を使うという細かなことなのですが、それで他に何ができる?と考えれば、おのずと無駄だと感じるようになります。


時間の無駄と思えるような飲み会、誰かをおだてなければいけない。それに必死に自分の時間を使うこと自体無駄だと思いませんか?
やはり、時間を守ることはその分無駄にすることなのかもしれないですね。
だとするのなら、確実な方法で確実な報酬が手に入ることをしたほうが良いのかもしれません。


以上です。ありがとうございました。


関連記事:「年齢」でその人を見る行為をそろそろやめないと成長していきませんよ?