幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

「恥ずかしい!!」これは、素晴らしい感情なので決して忘れないでください!!

f:id:minticecream:20190303130947p:plain





恥ずかしいは良いこと!


人は何かをした時に必ず「恥ずかしい」と感情が現れます。
これは別に失敗したからとかではなく、単純に何かをしたら確実に恥ずかしいと感じるのです。
その人の性格も少なからず存在しますが、絶対に持ち合わせてない!って人は世の中にそうそういないことでしょう。


ちなみに当ブログの管理人の僕は、日々4枚記事を投稿していることに恥ずかしさを感じます。
もっと言えば、1枚でさえも恥ずかしいです。それは、反響であったり、今までしてこなかったことによる行為
今まで一番苦手としていた文章を書くという行為、他にもありますが、そういったことが影響して、恥ずかしいと今でも持ち合わせています。


そもそも僕は文章を書く!という行為自体大っ嫌いな類であります。
それでも、人に何か伝える行為として存在する限り、やらなければならないわけです。
やりたくなければ、やらなくても良いのですが、やらなければならない!いつまでも逃げていては意味がないと考えて今に至ります。


結果なぜか4記事書くようになりました。それでもまだ少ないですし、まだまだ低レベルです。
ここから何が起こるのかは誰もがわからないことでしょう。しかし、やり続けるのです。ただ、やり続けるということはすなわち「恥ずかしい」と感じるようになります。
やり続けることは周りに見られるのが今の社会であるため、おのずと広まっていきます。


そのとき自分の恥ずかしいという感情はどのように変化していくのかも正直なところ楽しみではあります。
恥ずかしい。そんな感情を抱くのは何が良いのか?それは、単純に自分は何かを必死になって行っている他ありません。
必死でなければ、今頃当ブログは閉鎖しているはずですし、やらずに捨てています。


恥ずかしいと感じるからこそ、やり続ける。必死にやっていると自分に自己陶酔していると感じますが、それでいいと思っています。
一生これを忘れないようにしないといけませんね。必死や恥ずかしいは負の感情として考えられていますが、これらは決してそうだとは思えません。
感情なんていうものは、自身の今に左右されることです。やる気と一緒ですね。それに依存していては何も始まりませんよ。


以上です。ありがとうございました。


関連記事:誰にも負けない!というほどではなくても、人に胸を張って自慢できることを一つでもいいので見つけましょう!!