幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

時間がない!と言って手を出さないものって本当にやりたいことなのですかね?

f:id:minticecream:20180313155937p:plain


おはようございます。結城です。
ふとこんなことありませんか?
「時間がないからやりたいことができない!」


ほとんどの人は毎日のようにこのようなことを考えているはずです。
実際僕も同じことを毎日のように考えています。
しかし、大抵それを他の人に言うと「時間は作るもの!なんでそんなに忙しいの?」


このように言われてしまうのですね。
そのときにこちらから返す言葉としては「同じような立場になればいいじゃない!」
ここで話が終わってしまうものなのですね。


しかしこれでよいと僕は考えています。
実際「暇」というものは本当に退屈なものでして。
暇は時に人を楽にさせるものですが、逆に悪くする要素もあるのですね。


もしその人に「時間があったら」となると
はたして本当にそのやりたいことをするのだろうか?
僕自身考えてしまうのです。忙しいからこそやりたい!


だから時間がないからやりたいこともできない!のではないのか?
暇な時間がもしあったとしたら断言できます。次の日やればいいんじゃない?
絶対に思ってしまうものなのです。それが今まで忙しければ忙しいほどです。


人は新しいことに挑戦するのってとても勇気がいることなのですね。
最初はつらく誰にも言えないような状況なのです。
実際本当にやりたいことなら、今すぐにでもやることでしょう。


寝る時間割いてまでやることでしょう。
こちらが睡眠は削ったらダメ!と言っても本当にやりたい!と思えるようなものならそんなの関係ない話なのです。


ここで僕のこと書きますが
僕はゲームが大好きなのですね。なのでやりたくて仕方ないのです。
結果寝る時間割いてやってたりするのです。


本当は睡眠を削るという行為はとっても悪いことなのですが
そんなの言ってられないのです。本当にしたいというものはね。
いくら忙しかろうがいくら時間がない!と言われようが、本当にやりたいことなら無理にでもやるんじゃないかなーと考えます。


何度も書きますが、もしその人に時間ができたのなら、本当にそれやりますか?
そしてもう一つ休みの日何してます?
以上です。ありがとうございました。



関連記事:それに意味があるかなんて言うのは関係ない!まずはやることが重要!!